【面会交流(面接交渉)】
 離婚後あるいは別居中に、別れて暮らす親子が面会したり、連絡しあったりすることを「面会交流」といいます。
 両親は離婚して他人になっても、親子の関係は変わりません。子どもの福祉を害しない限り面会交流は認めることが裁判所では定着しています。 子どもは、表面上はともかく心の底では両方の親から愛されたいと願っているからです。 養育費が別れて暮らす子への経済的支援だとすれば、面会交流は、精神的支援であり、いずれも親と子の絆を強めるものです。
 面会交流の取り決めは、強制執行にはなじみませんから、父母は子の福祉のため、より良い面会交流を実現するよう協力する必要があります。 離婚協議の中で、双方が十分納得した取り決めをするべきでしょう。

戻る

① トップページ
② 養育費のこと
③ 離婚のこと
④ メール相談
⑤ お問い合わせ

Copyright(C)
Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.