【年金分割】
 平成19年4月1日以降に離婚した夫婦は、夫婦の合意や家庭裁判所の決定で分割割合(1/2以内)を決めることができます。
 この分割は、婚姻期間の厚生年金等の保険料納付記録の分割を行うものです。 制度は2段階で実施され、①平成19年4月1日以降の離婚の夫婦の場合は、夫婦の合意又は家庭裁判所の決定により分割割合を決めます。 ②平成20年4月以降に民間サラリーマン及び公務員等の専業主婦の妻が離婚した場合、年金分割を申し出れば、 平成20年4月以降の専業主婦であった期間についての分割割合は自動的に2分の1ずつとなり、 それ以前の期間は合意された割合で分割されることになります。
 なお、離婚後2年を経過すると請求はできなくなります。
 ただ、年金制度自体も複雑で難解です。 単純に年金の半額をもらえるということにはならないので注意が必要です。 社会保険庁や共済組合が情報提供に応じていますので、活用してください。

戻る

① トップページ
② 養育費のこと
③ 離婚のこと
④ メール相談
⑤ お問い合わせ

Copyright(C)
Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.