【親権者】
 親権は、親が子を監護養育する権利と義務であり、その中身は、居所指定権、懲戒権、職業許可権、子の財産の管理権とされています。
 婚姻中は父母が共同で行使しますが、離婚後は、共同での行使が難しいので、父母の一方が親権者となります。 未成年の子がいる夫婦の離婚では、離婚届出の際、子それぞれの親権者を決めて提出する必要があります。
 いずれの親と暮らすのが子の福祉に適うのか、父母が子の福祉の視点に立ってしっかりした話し合いをする必要があります。
 協議で決められず、家庭裁判所の調停でも決まらないときは離婚訴訟によることになります。

戻る

① トップページ
② 養育費のこと
③ 離婚のこと
④ メール相談
⑤ お問い合わせ

Copyright(C)
Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.