【離婚の種類】
わが国の離婚の主な種類は次の3つです。
①協議離婚 ②調停離婚 ③裁判離婚

>>協議離婚
 夫婦が離婚することに合意し、市区役所に離婚届を提出すれば離婚は成立します。離婚の90%近くが協議離婚です。手続が簡単であり、夫婦の自由意思によるものですが、十分な協議や取決めなしでも離婚できるためには、一時の感情に任せた離婚や、一刻も早く離婚したいため、主張すべき権利や条件などを放棄した形の離婚もあるようです。

>>調停離婚
 家庭裁判所の調停による離婚で、離婚全体の10%前後です。子の親権者だけでなく、養育費、面会交流、財産分与などについて取り決めることができます。取決めが守られないときは、家庭裁判所に申し出をすると、裁判所から相手に督促をしてくれますし(履行勧告)、強制執行の申立をして相手の給与や財産などを差し押さえることができます。

>>裁判離婚
 調停でも話がつかないときは、裁判によることになります。裁判離婚は離婚全体の約1%です。このほか、特殊な場合として、審判離婚、和解離婚、認諾離婚があります。

離婚において取り決めること
 ・親権者
 ・養育費
 ・面会交流(面接交渉)
 ・財産分与
 ・慰謝料
 ・年金分割


① トップページ
② 養育費のこと
③ 離婚のこと
④ メール相談
⑤ お問い合わせ

Copyright(C)
Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.