【財産分与】
 離婚するとき、夫婦が協力して得た財産の清算です。婚姻前から所有していた財産や相続財産は含みませんが、 婚姻中に得た財産の名義が夫であっても、妻には内助の功があり、潜在的な持分があると考えられますから、 離婚の際には清算するのが公平といえるでしょう。
 また、妻が専業主婦で、離婚後すぐに自立できる収入を得ることが困難な場合の離婚後の扶養(生活保障)を考慮する場合もあります。 妻が子を引き取る場合で夫婦の財産がある場合は、子のために安定した生活ができるよう、この視点を生かすことは意味があるでしょう。
 なお、財産分与は、離婚後2年を経つと請求ができなくなります。 また、借金などマイナスの財産も対象ですから、注意が必要です。

戻る

① トップページ
② 養育費のこと
③ 離婚のこと
④ メール相談
⑤ お問い合わせ

Copyright(C)
Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.