養育費相談支援センター

養育費のこと

養育費について

養育費とは、子どもを監護・教育するために必要な費用です。 一般的にいえば、未成熟子(経済的・社会的に自立していない子)が自立するまで要する費用で、生活に必要な経費、教育費、医療費などです。

未成熟の子どもに対する養育費の支払義務(扶養義務)は、親の生活に余力がなくても自分と同じ生活を保障するという強い義務(生活保持義務)だとされています。 自己破産した場合でも、子どもの養育費の負担義務はなくなりません。

平成23年の民法改正により、離婚の際に夫婦が取り決める事項として面会交流及び養育費の分担が明文化されました。また、 平成15年4月に母子及び寡婦福祉法(平成26年4月母子及び父子並びに寡婦福祉法に改正)において扶養義務の履行が規定され、養育費支払いの責務等が明記されています。

この世に生を受けた子どもに親としてその生活を保障し、心の成長を支えることは、当然の責任です。 養育費の支払いは、親として子に対する最低の義務であり、別れて暮らす親と子を結ぶ絆であり、親子である証になるものです。

このページの先頭へ

養育費の請求手続(取り決めの時期と方法)

離婚時に決めるのがベストです。

養育費は、子どもに必要がある限り、何時でも、請求できます。 が、離婚時に「要らない」などと言ってしまった場合など、相手が養育費を支払わない形で生活設計を していることも多く、その後の請求の時には、取り決めが難航することもあります。

養育費の請求権は、子どものためのものです。子どもと別れて暮らす親との関係を大事にするためにも、 離婚時にきちんと取り決めましょう。

A. 話し合いで決める

話し合いで納得いく結論に至るのがベストです。

離婚するとき、親権者を決めるのと平行して、金額、支払時期、支払期間、支払い方法など細かい点まで煮詰める必要があります。

結果は、口約束だけでなく、書面にしましょう。

費用や手間はかかりますが、公証役場で、公正証書にするのが望ましいでしょう。公正証書にしておくと、万一、不払いになっても、強制執行(差し押さえ)ができるのです。

B. 家庭裁判所の調停や審判などで決める

未成年の子どものある夫婦の離婚調停では、養育費の取り決めをするのが普通です。 また、離婚届を出してからでも、養育費請求の申し立てをすることもできます。

調停での話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所では審判で養育費を決めます。

家庭裁判所の調停や審判で決まれば執行力のある債務名義と同じような効果があるので、いざというときには、強制執行(差押え)もできます。

C. 家庭裁判所の裁判で決める

離婚を求める訴訟で、離婚と同時に養育費について、判決で決めてもらうこともできます。

D. 離婚後の養育費の請求

養育費は、離婚時に決めていなくても、子どもの必要や親の支払い能力に応じ、いつでも、請求できます。

離婚時に「養育費は一切要らない」と言って離婚した場合でも事情が変わって養育費を請求しなければならないこともあります。 予定した親からの援助がなくなり、子どもの病気や学費負担増のために養育費が必要になることも少なくありませんが、 別れて暮らす親が離婚時の口約束を盾にとって容易には応じてくれないこともあります。

そのような場合、話し合いが難しければ、家庭裁判所の調停、審判を利用することができます。

しかし、別れて暮らす親は、一旦要らないといわれて新しい生活が始まっていれば、義務があるをわかっていても、 その気持ちになれず、決めても支払いが持続しないことも少なくありません。

養育費は、子どもの権利であることを肝に銘じて、離婚時にしっかり決めておくようにしたいものです。

E. 事情の変更があった場合の養育費の金額の変更

養育費は、長い年月継続するものです。その間、生活状況が大きく変化し、以前に決めた養育費が実情に合わなくなることもあるでしょう。

一緒に暮らす親にすれば、子どもの成長や病気など監護費用が増大することもあるでしょう。 また、別れて暮らす親からすれば、再婚して扶養家族が増えた場合や転職により、減収となる場合もあるでしょう。

そういう場合、増額や減額の話し合いができなければ、養育費額の変更について、家庭裁判所の調停・審判を申し立てることができます。

【参考】
「養育費(子の監護)の調停審判の申立てに関する説明書・記入例」及び「養育費(子の監護)の調停審判の申立書」について
<裁判所>ホームページ
 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_07/

このページの先頭へ

養育費の算定

父母が話し合い、子どもの生活と成長のためにどの位金額が必要か、双方が納得する額になることがベストです。

養育費として通常取得することができる目安の金額、「標準的な養育費の額」というのは、いくらぐらいなのでしょうか。

その点で裁判官等から構成される「東京・大阪養育費等研究会」が、「簡易迅速な養育費の算定を目指して」(判例タイムズ平成15年4月1日第1111号掲載)という研究結果を発表しました。

家庭裁判所の実務ではこの研究結果として提示された「養育費の算定表」の使用が定着化しています。

 養育費の算定表 (PDFファイル)

A. 養育費算定表の使い方

  1. 算定表の構成

    養育費算定表は、子の人数(1〜3人)と年齢(0〜14歳と19歳)に応じ9つの表に分かれています。

  2. 算定表の使用方法
    1. どの表も、縦軸は養育費を支払う親(義務者)の年収、横軸は子を引き取って育てている親(権利者)の年収を示し、 縦軸の左欄と横軸の下欄の年収は給与所得者の年収を、縦軸の右欄と横軸の上欄の年収は、自営業者の年収を示しています。
  3. 使用の手順
    1. まず義務者と権利者の年収を求めます。
      1. 給与所得者の場合は、源泉徴収票の支払い金額(控除されてない額)が年収です。給与所得者もいろいろで年収を確定するのも難しい場合があります。
      2. 自営業者の場合は、確定申告書の「課税される所得金額」がこの表でいう年収に当たります。実際に支出されていない費用は、それに加算します。
      3. 児童扶養手当や児童手当は、子のための社会保障給付ですから、考慮する必要はありません。
    2. 次に、子の年齢、人数によって表を選択し、その表の権利者及び義務者の年収入を給与所得者か自営業者で区別して選びます。 縦軸の義務者の年収を右横に伸ばしたラインと横軸の権利者の年収を上に伸ばしたラインの交差する欄の金額が、義務者が負担すべき養育費の目安の金額となります。
  4. 使用例

    権利者が2歳の子を養育、単身の義務者に養育費を請求するケースを考えてみましょう。権利者の年収は133万円、義務者の年収は510万円です。

    子1人表(第1子0〜14歳)を選択、権利者の年収に最も近い125と義務者の年収に最も近い500の交差する欄を求めると標準的な養育費は「4〜6万」の枠になります。

    交点が枠内の下方にありますから、4〜5万円の間の額が目安となります。

B. 養育費算定表の使用上の留意点

この養育費算定表は、標準的な養育費を簡易迅速に試算するために作られました。 最終的な養育費の金額は、いろいろな事情を考慮して当事者の合意で自由にきめることができます。 しかし、いろいろな事情のうち、通常のものは、標準化するにあたって算定表の金額の幅の中で考慮されています。 この幅を超えるような金額の算定を要するのは、算定表によることが著しく不公平となるような、 特別の事情がある場合に限られます。

お互いの意見が対立する場合は、最終的な養育費の額は、この算定表だけでなく、個別的な要素も考慮して家庭裁判所が決めますので 算定表の結果が絶対のものでなく、単なる目安であることに留意する必要があります。

このページの先頭へ

養育費の確保(養育費の支払いが滞ったとき)

もともとの決め方の形によって、やり方が違います。

A. 口約束や「一筆」をしたためて貰った場合

相手に督促して、払って貰えれば問題はありませんが、言っても払ってもらえないときは強制的に支払わせることはできません。 改めて、家庭裁判所に養育費請求の調停・審判の申立てをし、養育費の支払いを決め直すことになります。

B. 家庭裁判所できまっている場合

調停、審判、人事訴訟の判決及び和解で養育費の支払いが決まっている場合は、家庭裁判所が相手に「約束どおり履行するように」勧告する申し出をすることができます。 「履行勧告」の申し出には、費用がかかりません。

C. 強制執行の場合

履行勧告でも支払われず、公正証書で決めたのに支払わない場合は、地方裁判所に強制執行を申し立てることができます。

支払い義務のある人の債権(給与や預貯金)、動産、不動産などを差し押さえてもらい、お金に換えられるものはお金に換えて支払われなかった分に充てる制度です。

本人の意思に反して、直接個人から財産を取り上げる手続ですから、手続も複雑で、差し押さえができる範囲の定めもありますが、平成16年4月の改正で、 養育費の強制執行は、差し押さえできる範囲や強制執行手続がしやすくなりました。ただ、強制的な手続だけに様々な余波が起きる可能性もあり、 給与の差し押さえを受けて職場を辞めてしまう人もいます。相手の状況を見て実効性の高い方法をとりましょう。

【参考】
リーフレット「調停・審判で決まった養育費の支払を受けられない方のために」
<裁判所>ホームページ
 http://www.courts.go.jp/about/pamphlet/

このページの先頭へ

養育費相談支援センター
〒171−0021 東京都豊島区西池袋2丁目29番19号KTビル10階
Tel:03-3980-4108
Copyright(C) Youikuhi Soudan Shien Center. All rights reserved.